住宅に起こる様々な問題~雨漏りの対策を考える~

Gourmet Shop

外壁の塗装

飛び込み営業の業者を利用する人が減ってきました

一般的な木造の一戸建て住宅に住んでいる場合、概ね10年に1度は外壁塗装工事が必要になります。あまり長い間外壁塗装を行わずに放置しておくと、建物の内部に雨水が浸透してしまうようになります。そうなってしまうと建物本体が傷んでしまうことになりますので、外壁塗装程度では補修できない状態になってしまう可能性が出てきます。そのため、だいたい10年に1回ペースで外壁塗装を実施するのが望ましいと言われているのですが、これまでは、たまたま飛び込み営業をしてきた業者に、そのまま塗装工事を依頼してしまう人がたくさんいました。10年に1度しか行わない工事ですから、業者の心当たりがある人などほとんどいません。そういう事情があるため、タイミング良く訪ねてきた業者と契約する人が大半でした。しかし、トラブルになってしまうケースが多かったので、現在では飛び込み営業をしてきた業者とそのまま契約を結ぶ人はかなり減っています。

インターネットで業者探しをする人が増加しそうです

外壁塗装をめぐるトラブル相談が消費者センターに持ち込まれることが多いため、優良業者を紹介するサービスを提供する自治体の数が増えています。自治体が紹介してくれるような業者であればある程度信頼することができるので、実際に多くの人がそのサービスを利用しています。その一方で、民間業者がインターネット上に開設している外壁塗装業者の一括見積もりサービスを利用して業者探しをする人の数が増えてきています。一度の入力で複数の業者から概算見積もりを取ってみることができるようになっているため、最小限の時間と手間で業者の比較をすることができます。利用料金が全くかからないことに加えて、いつでも自分の都合の良い時間にサービスを利用できるというメリットはかなり大きいです。そのため、今後はインターネットを使って業者探しする人がさらに増えるだろうと予想されています。