住宅に起こる様々な問題~雨漏りの対策を考える~

Gourmet Shop

宅地の造成

生活に役立つ土地利用の基礎です

人類の生活圏は陸上です。しかし、地球上は陸地よりも海洋の方が面積として広大です。また、陸地の中でも平地ばかりではなく山地や林野、湖沼等のように人の生活環境として適した場所ばかりではありません。そのために土地改良や埋め立てを行うことで住宅や工場等生活に活用できるようにするために宅地造成が行われます。 現在の社会においては山林や農地のような従来は人の生活に欠かせなかった土地でも資産価値が低く見積もられる傾向にある程、活用範囲は狭くなっています。しかし、宅地造成をすることで道路を新設して上下水道や電気・ガス等の社会インフラを整備することで住宅地を造成したり工場を誘致することで将来的な地域全体の価値の上昇も可能になります。

環境に配慮した宅地造成が進んでいます

住宅地でも近年のライフスタイルでは広大な土地を望むことは稀になっています。そのため、広大な敷地面積を誇ることの多かった旧家等では遺産として不動産を相続した場合等には宅地造成をすることで小規模に区分して売却をしやすくする傾向にあります。また、宅地造成による小規模区分は遺産分割も容易にするだけではなく、区分毎に駐車場や賃貸物件等の活用方法が可能になります。 一方で旧来の安易で急激な宅地造成の結果、地盤や周辺環境に対する配慮を欠いた開発を招いたために、地盤沈下や土砂災害、騒音や異臭等の地域住民の住環境を悪化させる事例が近年顕在化しています。そのため、現在では宅地造成をして住宅地や工場を建設するだけではなく、地質や生活環境を考慮した開発が進められています。